LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

大岐の浜の海癒は素に戻れる場所!Ohki-beach Kaiyu-inn

「素」素顔、素足、すまい、素もぐり、sustiainable 素の自分にもどれる場所を目指します。
薪で沸かす源泉掛け流しの温泉、自然素材の素朴な部屋、命ある食材、kaiyuの問いかけは「豊かさとは?」
<< 遠慮はいらん!でっかく行こう 田中美咲ちゃん! | main | ものと対話する能力 >>
バリ日記 No 10 12月10日 ニッコーへ
  

バリ日記 No 10 12月10日 


体調がいまいちのままなのですが

朝のヨガをやったり、食べ物を配慮しながら

大きく寝込む事もなく過ごせているのですが



今朝も朝ヨガ

ジュリーのヨガは僕にとってはすごくフィットしていて

少しパワフルで、筋肉を使いながら、ストレッチ効果があってちょうどいいです。


何より、彼女の凜としたオーラと

かわいい少女のような素朴さとすばらしい波動!


今日はアメリカからのエリンとたえちゃんと3人

「 イン    アウト 」って


呼吸法を使いながら心地いい運動

ジュリーに感謝です。


その後、

近隣の村のフィールドトリップ!

シンガポールの男性と

アメリカのエレン

オーストリアからのおしゃれなカップルの二人と

色々な国のみんなで散歩!



最初は村の散策

この村の出身のジュリーにみんなが挨拶していきます!


エレンがジュリーにこの寺院みていい?って


どうそ!って言われて

みんなで入ろうとした瞬間



遠くから、若い男性が走ってきて

大きな声で何か言ってます。


ジュリーがあわてて

 「 ごめんなさい、建物から出てください  」って


ほとんどの寺院は腰巻をしなくていけないのと決まりごとがあります。


でも、村人みんながそういった決まりをちゃんと守って

見守っている事にバリの信仰心の強さをあらためて感じました!


そんな事がありながら

村の火葬場へ

大きな木と少し違う雰囲気の場所



その場所からジャングルのような森へ

昨日のラフティングを彷彿する緑の濃さ


シンガポールの男性がすべってこけたり

善もスリッパを何度もみぞに落としたり


10分程度森を歩いて抜けると

すばらしい、田園風景!

日本的だけど違うのは椰子の木がたくさんあること


これぞウブド!



そこにオーストリア人の素敵な色のTシャツ

なんか芸術的です!!

ほっとするいい散歩でした。


途中面白いことがあったのですが


ジュリーがここからショートカットで帰るか

もう少し遠回りしますか?ってみんなに聞いてくれたのですが


オーストリの二人はすぐ、もっとみたい!!って

疲れ気味のエレンは早く帰りたい

シンガポールの彼は合理的に

ここから何分くらい?

僕は朝食食べてないけど、みんな大丈夫なのかな?


お国柄もでて、面白いなあって思って聞いてましたが

そんな中でも人間力!



まわりの意見をちゃんと聞いてみんなに投げかけながら決めていく

ちょっと素敵な場面でした。


昨夜もウブドの町でホテルのトランスファーを待っている時に

僕らも30分くらいまって車が1台で

みんなが乗れなかったのですが

僕ら家族が残ったのですが


シンガポールの彼は

もうしわけなさそうに、

 「 Thank you very much 」って顔を出して言ってくれたのが

印象的でした。


ちょっとしたコミュニケーション能力でみんなが楽しくなれるって素敵です!


散歩の後みんなでプリスニア最後の朝食!!



体の調子が万全だったらなあって美味しい朝食を前に少し残念な僕!

子どもたちもすっかりなれて自分で好きなものを頼みます!

荷物をかたづけ

ジュリーにお別れをいい

出発、日本語堪能のサリツアーのガイドさんが来てくれました。



いざ日航へ!

懐かしい見慣れた景色に気持ちはどんどん15年前に!



車から降りると、ベルボーイの懐かしい顔!

パ アリもきずいてくれて

「 パ オカダ!!」って嬉しい力強い握手


日航のロビーはインド洋を一望できる開放感のあるすばらしいロビーなのですが



フロントも以前ティーラウンジとして使っていたところに変わって少しおしゃれなリラックスした感じ!

自分たちがどんなタイミングでどんなウエルカムドリンクを出して

お絞りを出すのか試行錯誤したのを思い出しながら


シンプルなグリーンミントティ

フロントで僕の事を事前に知ってたのか

満面の笑顔と握手で迎えてくれた ワルティ


部屋にとうされて、善もまりえも今までで一番えいね!って

ちょっと格を感じる部屋!



すばらしい海を望む景色に

みんなテンションあがりっぱなし

善とまりえはプールにいきたくてうずうず!!

僕は自分たちが選んだ家具がや備品がなくなっているのを少し寂しく感じながらも

ヨーロッパ調の洗練された雰囲気に満足!


荷物を整理して

ホテルを散策しながらいざ、プールへ



自分たちが滞在していたガーデンビューの部屋

問題があって呼び出された部屋

常連さんと見た、見晴台の景色



日航バリはバリ1とも言われる遊べるプール


もう、僕の知っているスタッフはあまりいないと思っていましたが

海辺のおしゃれな新しいラウンジで見たことのある顔

彼も覚えてくれていて

「 パ オカダ! 」って

すぐ、開業からいるスタッフを2名呼んでくれて昔の話しに華がさきました。



最後まで問題があった洞窟バーや


自慢のプールアクセスの部屋で大量発生したカにのこども事件

プールサイドでそんな事を回想していると

レクリエーションの彼も見たことのある顔



全室400室でその当時800人が働いていて

自分の働いていたルームディビジョンが半分の400名

当然すべて覚えているわけではないのですが

顔はなんとなく覚えている程度ですが、嬉しいことです。


部屋に帰って、着替えて夕食に行く途中に

フロントに寄ると1ヶ月前にきたばかりのゲストリレーションのけいちゃんと話していると

懐かしい、フロントスタッフが会いに来てくれて

今はアシスタントフロントマネージャーのスギー、とスカダナ


二人とも落ち着いた渋い感じ

またまた昔話に華がさきました!!


夕食から帰ってきたら部屋をグレードアップしてくれるとか!


今の部屋で十分満足していたのに嬉しいことです!



嬉しい懐かしい笑顔にたくさんの元気をもらえます!


すばらしいニッコーバリ


夜帰ってくると大雨

15年前もこの大雨で工事が遅れたり

雨漏りでフロントが大変だったこともありました!

そんな思い出をバリの雨の匂いが思い出させてくれました。

まさに5感を感じます!

ベットにはいってからも色々な思いが蘇りながら眠りにつきました。


| bali | 07:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









トラックバック機能は終了しました。