LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--

大岐の浜の海癒は素に戻れる場所!Ohki-beach Kaiyu-inn

「素」素顔、素足、すまい、素もぐり、sustiainable 素の自分にもどれる場所を目指します。
薪で沸かす源泉掛け流しの温泉、自然素材の素朴な部屋、命ある食材、kaiyuの問いかけは「豊かさとは?」
<< 人生を感じる椿の花 | main | やりたくない >>
バリ日記 No 12 12月12日 
 


Good Moornig  from peaceful ohki beach  kaiyu-inn

おはようございます! 大岐の浜の海癒のみつです


バリ日記No12 12月12日 



朝、海癒みたいに太陽の光が目にさしこんで来て目が覚めました!

バルコニーから漁師のジュクンが出て行くぽんぽんって言う音


今までで一番いい天気 

すばらしく開放的な空気に多恵ちゃんとお散歩



僕は体調がかなりよくなってきてたのですが、

善は少しお腹の調子が悪いみたい

朝食におくれて来ました!



朝食、さまざまな国の人がいてインターナショナルな雰囲気いいです!

昨日善が湯バーバって言った人は善がプールで友達なったキーンくんの

おばあちゃんみたい!



となりで足をあげて大きな声で話しているのは韓国の人達

欧米の夫妻がゆったりと食べている姿

刺激的で平和な朝食です!

部屋にかえるとウエルカムフルーツ嬉しい事です




僕はバリ最後の日は色々な人に挨拶に行きたくて

みんなとは別行動

子供たちはプールへ!





ホテルの日本人マネージャーの安田さんに会ってお話し

そうしたら、彼は屋久島にいったり循環型の施設に興味がったり自然派

奥さんも昨日来たばかりでマクロビやヨガもやっているとか!!

是非明日、昼食しましょうって!

約束しました!

またまた、バリ1のドライバーアグースにお願いして

以前お世話になっていた

ラマツアーのまきこさんに挨拶しにいったら

15年前と変わらないパワフルなまきこさん!



バリのこれからを色々と聞けて有意義な時間でした!

そこから30分くらい歩いてバリラニホテルへ

強い日差しの中歩くとここちいいくらいの玉のような汗




そしてランチは開業スタッフの人事を担当していた

穏やかで人脈のあるイブコマンとの再開!

力強いハグをしてくれて

あまりの僕の汗に

以前僕が日本から自転車をもってきてて、ウブドとか自転車で

行っていたのを知っていて

「 日本から自転車で来たの! 」って笑顔の冗談

イブコマンはバリの5★ホテルのバリハイアットの開業や

ビンタンバリ他その人柄と人脈でさまざまな開業に引き抜かれ日航にも

かなり早くから開業に関わってくれていました。

物腰も柔らかく上品で魅力的な女性なのですが

僕がバリにきてすぐに声をかけてくれ早くから親しくなった一人です。

2時間あまりのランチの時間があっと言うまでしたが

コマンが

「 今までほんと多くの開業に関わったけど日航バリの

   オープニングスタッフが一番チームワークが良くてアットホームで

   すばらしいチームだった! ほんと懐かしい!

    また、何かできたらすばらしいよね!! 」って

熱くコマンが語ってくれました!



たしかに、色々な事がありましたが、僕もすばらしい経験ができたのは

バリが好きで、常に柔らかい笑顔で楽しみながら、働くイブコンのような人

がいたらだと改めて思いました。

何かリンクして出来たらいいなあって思いました。

イブコマンは別れるときも強くハグしてくれました!


ありがとうコマン!


2時にパアグースと再開、日航に戻って

ちょっとだけ今の日航のフランス人のGMにアポがとれていて

5分程度だけ挨拶して、

今日はみんなで夕日のスポットへ!


昔はジンバランのイカンバッカルって言えば

安くて美味しくて、雰囲気もよくて

よく行ったのですが、今では観光客向けになって

高くて、まずくて今一だとか!

それではとタナロット方面で探そうって向いました。



途中気になるサイン、有名な陶器のジンガラのギャラリー

以前はサヌールにあって、オランダ人のブラント氏と何度も

あって、日航バリの部屋に置く、珈琲カップを製作したのですが

日本らしくお茶をおこう!って言う事で

桃の形をしたかわいい湯のみカップを僕がデザインして

少し大きく、もっと丸く、色はやはりピンクでとか

かなり色々なやりとりをして作ったのですが

そのジンガラ陶器のギャラリーがジンバランに移ってきてました。



中に入ると立派な建物

ゆっくり眺めていると、なんとありました!!

もうホテルにもおいていなくてがっかりしていた

僕のデザインしたうつわ!!



懐かしい!!!


僕はすごく懐かしくなってブラントにあえないかと思って店の人に聞くと

彼は3年前に趣味のダイビングに行ったまま帰ってきてないとか・・・

ショックです。


桃の形のカップと数点を買いました。



そしてタナロットへ

夕日の近い時間ですごい人で少しためらったのですが

善はねちゃって、まりえと多恵ちゃんと3人で入りました。

すべてパアグースが先に段取りしてくれて手配してくれ

「 善みとくからいいよ! 」って

ほんと感謝です。

ここでは15年前に多恵ちゃんもサルにメガネをとられた事もあって

まりえに注意を促してたのですが


大きなボスざるがまりえのところに

「 まりえに注意しいよ! 」って言った瞬間

ふてぶてしく、のそのそとまりえの足をすごい牙かじろうとするじゃないですか

当然まりえが足をあげるとその大サルはまりえの買ったばかりのサンダルを

かじりながら崖の上に!!

僕はその一部始終目の前で見てましたが

大人でもとられるだろうと思ったのですが


そのサルからもぎ取ってやろうかと思ったのですが

すかさず、サングラスをかけたお兄ちゃんが僕の目をみて

これあんたのって確認してから、そのボスサルにお菓子をあげて

サンダルをとりかしました。



そしてその男はお金を請求

しゅうがないなあと思って5000ルピア払うと

ふてぶてしく、「 サトラギ  」 ってもう一枚要求


後味の悪い、タナロットだったのですが

後でみんなで話して、あれは完全にグルで何百人もいる中で

まりえを狙わせたのは団体客じゃない日本人の僕らだから!

まりえはお気に入りのサンダルにしっかり歯型が!

いい記念です!



早々とタナロットを後にして、ブルースポットへ!

プロのサーファーも来ると言うナイススポット

僕は初めて場所、断崖に沿って、何件かお店があるのですが



アグースがベストの席を押さえてくれて

料理は僕が上から運ぶよ!ってウエイターの役まで

みんなで乾杯!!

至福の時間です。



支払いを子供たちに任せるとちゃんと

片言の言葉でやりとり!!


帰りに地元のスーパーで最後のお土産を


まりえは体調をくずして、ダウン


アグースのお蔭ですばらしい一日でした!

ほんと感謝です!!


| bali | 07:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









トラックバック機能は終了しました。