LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

大岐の浜の海癒は素に戻れる場所!Ohki-beach Kaiyu-inn

「素」素顔、素足、すまい、素もぐり、sustiainable 素の自分にもどれる場所を目指します。
薪で沸かす源泉掛け流しの温泉、自然素材の素朴な部屋、命ある食材、kaiyuの問いかけは「豊かさとは?」
<< Bali Day 19 Sidomen ! 聖なるパワースポットシドメン! | main | Bali day 21 saya murasa Rahayu ! サヌールへ 守られている感じ!! >>
Bali day 20 th Sidomen ! 祈りのガルガン!

 

 

 

おはようございます。

 

 

 

昨日の朝は雨上がりのすがすがしい朝

 

緑に囲まれた水田のシドメンは雨が似合います。

 

 

 

 

 

 

 

いつものように散歩昨日は一人だったので

 

ホテル見学もしながら川の方へ

 

 

 

 

 

 

偶然話しているとちょうどフラン人のオーナー ジョエルさんに会えましたが

 

おしゃれなこだわりの宿 スラヤシャンティビラ!

 

丘につくられた、山番のブルーラグーンのような施設

 

サービスもかっちりしていて魅力的で

 

そこからサヌールの方が見渡せるいい景色

 

ヨガやリトリートにも力いれていて魅力的

 

いい出会いでした。

 

 

 

 

少し早い目の朝食

 

みんな正装してサービスしてくれ チャンテック( かわいい )って言うと

 

笑顔でポーズのブ デサ!

 

 

 

 

 

 

すばらしい景色の中で食事!!

 

 

 

 

 

 

昨日は午前中に近くのプラのガルガンに参加させてもらいに!

 

 

それまでしょうこちゃんと本の話をしてたのですが、

 

しょうこちゃんが持ってきてくれた堀江さんの本

 

 

 

 

 

世の中の流れを感知してそれを堀江さん独自の好奇心と行動力で生きている

 

考え方を 多動力と言う視点で書いている本

 

しょうこちゃんの感想も僕に近い感触があって

 

「 すし屋の修行には意味がない 」って問い

 

いいたい事はわかるけど、そういった生き方だと何かあったときの

 

対応力が表面的でもろい気がするって

 

僕も何かもうひとつ 根っこのところの思いが必要な気がして

 

はっきりした言葉がみつから無かったのですが

 

 

昨日の午前中は その必要なものって祈りに近いものなんだあって感じました。

 

 

去年は踊りや音楽もありましたが今回は祈りをささげる1大イベント

 

 

3年目ではじめて入れた大きなプラ

 

朝からひっきりなしに多くの地元の人が祈りをささげにきます。

 

子供から大人まで正装して

 

ちゃんと祈りをささげる

 

神様を思う

 

無垢な心は神さまに届きやすく子供のような心をこそが大切って昨夜読んだ

 

天国はほうんとうにある にも書いていて

 

バリはまさに神々の島!

 

 

 

 

 

 

そんな神聖な時間を感じることができました。


 

 

 

 

 

 

ほんとうはワルンイダでいだちゃんのチキンヌードルを食べたかったのですが

 

まだお休みで サワインダーでランチ

 

ここはシドメンでも指折りの絶景レストランです。

 

満足のランチをして

 

 

 

 

 

午後は各自自由で 

 

読書、マッサージ 休憩

 

多くの人がチェックアウトしてガルガンもあって工事もしてなくて

 

静かな午後の時間でした。

 

 

 

僕は村を散策

 

いろいろなホテルをみながらパサールの方まで

 

 

 

 

 

 

たまたま、ウパチャらの帰りのバイクの女性の箱のふたが飛んで

 

歩いている僕の前におちたので拾って走って彼女に渡すと

 

そのお供え物とってとって!ってしぐさをしたので

 

2たつお供え物もらいました。

 

その場にいた何人かの人も僕に笑顔を向けてくれて

 

ウエルカムな空気感がながれそれもあって

 

 

 

村はガルンガンの聖なる日でいたるところで

 

バビグリンをしてたり

 

宴会をしていて少し目があうと呼んでくれます!

 

 

 

 

 

 

そんな開かれた感じで歩いていると不思議な階段が見えて

 

そこを導かれるように上ると

 

振り返るとすばらしい景色で誰もいない素晴らしいプラ

 

プレゼントされたような景色にありがとうって声を出して言うと

 

かすかに人の気配が

 

プラの横から見ると

 

誰もいないと思ったプラで男性が祈る姿

 

その神聖な精神を感じ

 

まさに祈りのバリを強く感じました。

 

 

 

最後はやはり イブヌガのワルンに行こうって!いったらまだ開いてなくて

 

3年前にいったワルンへ覚えてくれていていろいろとサービスしてくて

 

最後はジェゴックもみんなに教えてくれて楽しい時間!

 

シドメンの最後の夜もすばらしい!!

 

 

 

 

 

 

 

| bali | 06:52 | - | - | - | - |